薄雲【吹雪型駆逐艦 七番艦】

広告
広告

起工日大正15年/1926年10月21日
進水日昭和2年/1927年12月26日
竣工日昭和3年/1928年7月26日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年7月7日
オホーツク海
建 造石川島造船所
基準排水量1,680t
垂線間長112.00m
全 幅10.36m
最大速度38.0ノット
馬 力50,000馬力
主 砲50口径12.7cm連装砲 3基6門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 3基9門
機 銃7.7mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



戦前の触雷が薄雲を苦しめることに

【薄雲】は建造時は「第四十一号駆逐艦」とされ、竣工から6日後の昭和3年/1928年8月1日に【薄雲】に改称されます。
【薄雲】は第一二駆逐隊に編入され、「支那事変(日中戦争)」では華中、北部仏印進駐作戦に参加しました。
任務は主に【叢雲】とともに行われていたのですが、そこで【薄雲】はあろうことか味方が設置した機雷に触雷して大破してしまいます。
【叢雲】は満潮になるのを待ってから安全に航行しようとしていた所、【薄雲】は油断してそのまま進行、そして触雷という流れでした。
【薄雲】【叢雲】に曳航されて台湾、呉へと連れられ、呉と舞鶴で修理を受けることになります。
事故が発生したのが昭和15年/1940年10月頃、そして修理が完了したのはなんと昭和17年/1942年7月で、2年近くかかってしまいました。

汚名を返上したい【薄雲】でしたが、しばらくは大きな任務もなく過ごします。
所属は新たに第九駆逐隊へ編入されていましたが、他にも転入、転籍が相次ぎ、なかなか安定しない駆逐隊でした。
その中で昭和19年/1944年3月に【白雲】【米タンバー級潜水艦 トートグ】の雷撃によって沈没。
これによって第九駆逐隊は解散となり、新生第十八駆逐隊が編成されました。
初代の第十八駆逐隊は【霰・霞・陽炎・不知火】でしたが、たった1隻の潜水艦によって【霰】沈没、【陽炎・不知火】大破の憂き目を見たために解散となっていました。

このようにたらい回しにあっていた【薄雲】ですが、昭和19年/1944年7月、船団護衛中に【米バラオ級潜水艦 スケート】が放った魚雷を受けて敢えなく沈没。
全員が死亡する惨事でした。

昭和19年/1944年7月7日沈没時の兵装状況
主 砲50口径12.7cm連装砲 2基4門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 3基9門
爆 雷九四式爆雷投射機 1基
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺
25mm連装機銃 1基2挺
25mm単装機銃 10基10挺
13mm単装機銃 4基4挺
7.7mm単装機銃 2基2挺
電 探22号水上電探 1基
13号対空電探 1基