阿賀野【阿賀野型軽巡洋艦 一番艦】

広告
広告

起工日昭和15年/1940年6月18日
進水日昭和16年/1941年10月22日
竣工日昭和17年/1942年10月31日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年2月17日
トラック島空襲
建 造佐世保海軍工廠
基準排水量6,625t
全 長174.50m
水線下幅15.20m
最大速度35.0ノット
航続距離18ノット:6,000海里
馬 力100,000馬力

装 備 一 覧

昭和17年/1942年(竣工時)
主 砲50口径15.2cm連装砲 3基6門
備砲・機銃65口径7.6cm連装高角砲 2基4門
25mm三連装機銃 2基6挺
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 2基8門
缶・主機ロ号艦本式ボイラー 6基
艦本式ギアードタービン 4基4軸
その他
水上機 2機
広告



那珂誕生から17年 久々登場の新軽巡 阿賀野

「川内型」の3隻が建造されたあと、四番艦として予定されていた【加古】は重巡へと姿を変えました。
以後、帝国海軍は重巡の徹底増備を行っていたため、次々と新しい重巡洋艦が建造されていきました。
一方、重巡よりも軽兵装の軽巡には目も向けられず、【那珂】以後は1隻も建造されることがなく、そのまま15年もの年月が流れてしまいました。

しかし、いよいよ対米戦争が現実味を帯びてきて、なおかつ海軍に所属する軽巡の艦齢も増す一方。
帝国海軍最新軽巡が「川内型」ですから、このまま戦争に突入しても力不足・数不足は否めません。

そこで、【筑摩】竣工から1年後、海軍は久しぶりに「軽巡洋艦」の建造に着手することになりました。
その名は「阿賀野型」
軽巡最大の存在意義である「水雷戦隊」としての戦力を求められ、旗艦能力を備えた軽巡として建造が始まります。
計画では6隻の軽巡洋艦の建造、そのうちの4隻が「阿賀野型」でした(残りは【大淀】【仁淀】)。

一番艦【阿賀野】は、「川内型」との15年の差が如実に現れた軽巡でした。
当然船体は大きくなりますが、装備の割には小柄なものとなっており、操舵性も高かったようです。
搭載する主砲も15.2cm速射連装砲3基へ強化。
この15.2cm速射連装砲は、【金剛】が副砲として搭載していた15.2cm速射砲がベースとなっています。

出典:『軍艦雑記帳 上下艦』タミヤ

ちなみに仰角は55度まで可能で対空砲撃もできるという触れ込みでしたが、その実、装填時に7度まで砲塔を下ろす必要があったため、あまり対空砲としては活躍しませんでした。
雷装は当時多くの艦に搭載されていた61cm四連装魚雷発射管を2基搭載。
それを艦中心部に配備したため、片舷発射門数は8門を誇ります。
対空装備はさほど充実していたものとはいえませんが、求められた役割が水雷戦隊での活躍だったため、そのあたりは目を瞑る必要があるかと思います。
戦場で命をかけることになる現場では不評でしたが。

出典:『軍艦雑記帳 上下艦』タミヤ

こうして【阿賀野】は竣工するのですが、その時にはすでに太平洋戦争が開戦し、日本の凋落の始まりとなる「ミッドウェー海戦」での敗北後。
【阿賀野】は苦しむ日本の救世主となるべく、即実践へと突入します。

貧弱な対空兵装が阿賀野の活躍を阻む

帝国海軍敗北の大きな要因の1つは、過去の遺産たる水雷戦隊への過剰な思い入れではないでしょうか。
もちろん不要とまでは言いませんが、しかし対空装備はもはや必要不可欠な、命を永らえるための大切なものでした。
その対空兵装が乏しかった【阿賀野】は、設計に携わった宇垣纏連合艦隊参謀長ですら、「こんな装備で要求どおりの活躍ができるのか」と苦言を残しています。

その不安は的中し、【阿賀野】は最新鋭の軽巡洋艦なのに輸送や護衛、訓練に励む日々で、本格的な実戦は竣工から1年も経っていました。
竣工直後に「ガダルカナル島の戦い」へと赴いているのですが、ここではほとんど戦闘に参加していません。

昭和18年/1943年11月、【阿賀野】「ブーゲンビル島沖海戦」へ出撃、いよいよ【阿賀野】が戦火を交える時がやってきます。
と言いたいのですが、ここでは戦果もなく、また被害もなく、回避行動に専念することになりました。
「ブーゲンビル島沖海戦」は小さな戦いではなく、【妙高】【初風】の衝突や、【川内】の沈没があった海戦です。
2時間もの戦いであったのにもかかわらず、【阿賀野】所属の第二警戒隊はほとんど戦闘行為を行いませんでした。

その後、【阿賀野】はラバウルへと帰投するのですが、そこで巻き込まれるのが「ラバウル空襲」です。
「ラバウル空襲」では撃沈を含め多数の艦が損傷し、その後の日本艦隊の攻撃力が激減した空襲でした。
しかし【阿賀野】はこの空襲だけではなく、潜水艦の魚雷によって窮地に追いやられます。
空襲によって舵が故障し、さらに【米ガトー級潜水艦 スキャンプ】の魚雷がボイラー室に直撃、【阿賀野】は航行不能に陥ってしまいます。
難を逃れた【能代】、続いて【長良】によって【阿賀野】は曳航され、その後トラック島へと向かいました。

トラック島で応急処置を行った【阿賀野】でしたが、修理は完了せず、【阿賀野】は日本へ戻って本格的な修理を行うことになりました。
しかし、【阿賀野】の回復は叶いませんでした。
トラック島出港翌日の2月16日、【阿賀野】は航行中に【米バラオ級潜水艦 スケート】の魚雷を受け、またもボイラー室に被雷して航行不能。
今度の被害は甚大で、沈没は免れない状態でした。
総員、護衛についていた【追風】へと移乗して避難、【阿賀野】は炎を上げながら闇夜の中でゆっくりと沈んでいきました。

「阿賀野型」最初の沈没となった【阿賀野】の沈没は、まだ序章でしかなく、その明け方から今度は「トラック島空襲」がはじまります。
「トラック島空襲」では【阿賀野】乗員を救助した【追風】も沈み、日本の未来はますます暗くなっていきました。

阿賀野の写真を見る