ブーゲンビル島沖海戦

軽巡洋艦

阿賀野【阿賀野型軽巡洋艦 一番艦】

「川内型」の3隻が建造されたあと、四番艦として予定されていた【加古】は重巡へと姿を変えました。 以後、帝国海軍は重巡の徹底増備を行っていたため、次々と新しい重巡洋艦が建造されていきました。 一方、重巡よりも軽兵装の軽巡には目も向けられず、【那珂】以後は1隻も建造されることがなく、そのまま15年もの年月が流れてしまいました。
軽巡洋艦

川内【川内型軽巡洋艦 一番艦】

5,500t級軽巡洋艦最後の登場となった「川内型」は、帝国海軍の軽巡洋艦の真打ちと言ってもいい存在でした。 何しろ建造予定は「長良型」よりも多い8隻。 設計も、かなり似ていた「球磨型」と「長良型」とは違い、「川内型」は違いがはっきりしています。
重巡洋艦

羽黒【妙高型重巡洋艦 四番艦】

「妙高型」の末っ子として誕生した【羽黒】は、もともと呉海軍工廠での建造が予定されていましたが、経営が苦しくなっていた三菱長崎造船所への補助を兼ねて同造船所で建造されることになった、という経緯があります。 ちょうど【客船 浅間丸】も建造していたため、その影響が内装に現れています。 4隻の中では最も居住性が高かったそうです。
重巡洋艦

妙高【妙高型重巡洋艦 一番艦】

「古鷹型」と「青葉型」を相次いで建造した日本ですが、もちろん米英が対抗して大型巡洋艦の建造に踏み切ることは予測していました。 なので、日本もこの4隻で満足せず、より強力で大型な巡洋艦の建造へと移ります。 そこで生み出されたのが、【妙高】をはじめとする「妙高型重巡洋艦」です。 【妙高】はなんといっても火力重視の重巡で、これまでの6門から一気に10門まで主砲数を増やしています。
広告