日向【伊勢型戦艦 二番艦】

広告
広告


①大正7年/1918年竣工時
②昭和11年/1936年(大改装完了後)
③昭和18年/1943年(航空戦艦化改造完了後)

起工日大正4年/1915年5月6日
進水日大正6年/1917年1月27日
竣工日大正7年/1918年4月30日
退役日
(解体)
昭和21年/1946年7月2日

建 造三菱長崎造船所
基準排水量① 29,990t
② 36,000t
③ 35,200t
全 長① 208.18m
② 215.80m
③ 215.80m
水線下幅① 28.65m
② 33.83m
③ 33.83m
最大速度① 23.0ノット
② 25.3ノット
③ 25.1ノット
航続距離① 14ノット:9,680海里
② 16ノット:7,870海里
③ 16ノット:9,000海里
馬 力① 45,000馬力
② 80,000馬力

装 備 一 覧

大正7年/1918年(竣工時)
主 砲45口径35.6cm連装砲 6基12門
副砲・備砲50口径14cm単装砲 20基20門
40口径7.6cm単装高角砲 4基4門
魚 雷53.3cm魚雷発射管 6門(水中)
缶・主機ロ号艦本式ボイラー 24基
ブラウン・カーチス式タービン 2基4軸
昭和11年/1936年(大改装)
主 砲45口径35.6cm連装砲 6基12門
副砲・備砲50口径14cm単装砲 16基16門
40口径12.7cm連装高角砲 4基8門
機 銃25mm連装機銃 10基20挺
缶・主機ロ号艦本式ボイラー 8基
艦本式ギアードタービン 4基4軸
その他
水上機 3機
昭和18年/1943年(航空戦艦化改造)
主 砲45口径35.6cm連装砲 4基8門
備砲・機銃40口径12.7cm連装高角砲 8基16門
機 銃25mm三連装機銃 19基57挺
缶・主機ロ号艦本式ボイラー 8基
艦本式ギアードタービン 4基4軸
その他
艦爆『彗星』および水上機 22機


広告



戦艦随一の豪運の持ち主 日向

【日向】【伊勢】と同じく、本来「扶桑型」として建造される予定だったものが「伊勢型」として計画し直されたものです。
【日向】は、【伊勢】は経験していない連合艦隊旗艦という大役を任されています。
連合艦隊旗艦を退いたあとも、戦隊旗艦を務めるなど、姉よりも出世しています。
これだけでも運の強さがわかりますが、【日向】の凄さはそこだけではありません。

【日向】は、 砲塔爆発を2回、弾薬庫火災を1回経験しています。
すべて戦闘による損傷ではなく、演習等での事故です。
火薬庫の爆発事故によって沈んだ【河内型戦艦 河内】、またこの後に砲塔爆発によって沈む【陸奥】がいることを考えると、これらの事故から生還しているだけでもものすごい強運であることがわかります(当然ながら、死傷者は多数出ています)。

さらに5番砲塔の爆発事故は、【日向】「航空戦艦」へと変貌させるきっかけにもなり、結果的に【日向】を延命させることにもつながっています。
この5番砲塔の爆発事故は昭和17年/1942年5月5日に発生しており、この爆発によって入渠した【日向】は、修理中に試験中だった22号電探を搭載しております。
この装備をもって出撃した「ミッドウェー海戦」では、もちろん【日向】自身は活躍の機会はありませんでしたが、帰路の悪天候の中でも艦隊の進路がよく見えたとその性能を評価しています。
また砲塔跡には25mm三連装機銃が4基ならんでいました。

出典:『軍艦雑記帳 上下艦』タミヤ

※以下、【伊勢】の記載内容とほぼ同じです。

しかし「ミッドウェー海戦」により、世界一と称された日本の正規空母は、主力の四隻を一気に失うこととなりました。
この穴埋めは急務で、帝国海軍は「雲龍型航空母艦」の建造を優先すると同時に、老齢になりつつあった「扶桑型」「伊勢型」の空母改造計画が持ち上がりました(「金剛型」は機動力があったため却下されています)。
「伊勢型」「扶桑型」同様、もともと戦艦の出番の少ない太平洋戦争においても特に使い所がない戦艦だったため、改造に回ることによる支障もありませんでした。

そこで、【日向】「ミッドウェー海戦」以前に起こした5番砲塔爆発事故に着目し、「どうせ改装するなら、砲塔が壊れている【日向】とそれの姉妹艦の【伊勢】でいいだろう」ということで、「伊勢型」の二隻が改装されることになりました。

しかしさすがに全主砲や艦橋等を取っ払った完全なる空母改造には時間がかかりすぎました(およそ1年半と算出されています)。
そこで浮上したのが、戦艦の能力をある程度維持する一方で、後部甲板から艦載機も飛ばすことができる「航空戦艦」としての改装です。
この改装では後部の5・6番砲塔が撤去された他に、もう使われることのない副砲も全撤廃されれています。
代わって対空兵装となる高角砲と機銃が増設されました。

昭和18年/1943年、約8ヶ月の改装工事は終了し、【日向】は航空戦艦として新しい門出を迎えました。


航空戦艦改装後の【日向】

ところが、肝心の飛ばす艦載機が当時は全く足りませんでした。
カタパルト発射式の艦上爆撃機「彗星二二型」、水上爆撃機「瑞雲」ともに製造が遅れていたため、結局改装したにも関わらず、【日向】【伊勢】とともに「戦艦」として出撃することとなります。

戦艦一の幸運艦は、沈没も逃れ呉の空をにらみ続ける

昭和19年/1944年7月1日 あ号作戦後と大改装時の対空兵装比較
副砲・高角砲50口径14cm単装砲 全撤去
40口径12.7cm連装高角砲 8基16門(+16基)
機 銃25mm三連装機銃 31基93挺(+31基)
25mm連装機銃 全撤去
25mm単装機銃 11基11挺(+1基)
12cm30連装噴進砲 6基(+6基)
電 探21号対空電探 1基(+1基)
22号水上電探 2基(+2基)

【日向】はいよいよ「レイテ沖海戦」へ参加します。
しかしこの作戦は、敵へ損害を与えることはできず、逆に帝国海軍は囮として貴重な空母を戦場へ泳がして沈めてしまうという、全く実入りのない戦果となってしまいます。
その中で【日向】は、航空戦の中で航空戦艦となって得た力を遺憾なく発揮しています。

小沢艦隊に所属した【日向】は、「エンガノ岬沖海戦」において急降下してくる爆撃機の爆弾を、その軽い舵で華麗にかわし、弾幕射撃やカタパルトに増設した12cm28連装噴進砲によって敵艦載機を数多く撃ち落としていました。
艦載機こそ飛ばせなかったものの、そのカタパルトによって対空装備が大幅に増え、【日向】は圧倒的大敗北を喫した「レイテ沖海戦」で数少ない戦果を収めたとも言えるでしょう。


エンガノ岬沖海戦での【伊勢】

続く「北号作戦」では、いよいよカタパルトを撤去して、【伊勢】【日向】は完全なる戦艦へと戻ってしまいます。
しかし「北号作戦」は燃料の輸送作戦、大きな空きスペースを手に入れた【日向】【伊勢】は、今度もまた、かつて航空戦艦であったからこその役割をまっとうすることになりました。

「北号作戦」は、【伊勢】【日向】【大淀】の第四航空戦隊と、【霞】【初霜】【朝霜】の6隻だけの強行輸送任務でした。
シンガポールからガソリンや生ゴム、錫などの希少な資源を積めるだけ積んで、それを日本に持ち帰るというもので、特にガソリンがあることから、一度爆発すれば恐ろしいことになることは容易に想像できました。
しかでは航路には潜水艦と空襲が来ることは確実で、5割帰還で御の字とまで言われた特攻作戦でした。
しかし第四航空戦隊の3隻は船運が高いことが評価されていました。
この船運というのは殊の外重要な要素でして、船運が悪い=死に直結する海では性能以上の評価材料となることも珍しくありませんでした。

昭和20年/1945年2月10日、完部隊と名付けられた輸送部隊はシンガポールを出撃。
これに伴い、暗号を解読していたアメリカ潜水艦もぞろぞろと動き出します。
航空機による空襲もありましたが、対空機銃豊富な第四航空戦隊と、激戦をくぐり抜けてきた3隻の駆逐艦はこの攻撃をかわし続けます。
輸送中は悪天候が続いていて、部隊はスコールなどに紛れて危険を回避し、また潜水艦に対しては駆逐艦による警戒網がよく敷かれていて、多くの潜水艦を追い払っています。
たとえ魚雷が放たれてもそれをかわし切る【日向】の操艦もさすがでした。

通常潜水艦に対しては駆逐艦や巡洋艦からの爆雷が攻撃手段ですが、「北号作戦」ではなんと【伊勢】も高角砲によって潜水艦を1隻沈めています。
世にも珍しい、戦艦による潜水艦の撃沈でした。

台湾を経由して、2月19日に部隊は無事下関に到着。
喪失艦どころか損傷すら取るに足りない程度という、こんなことを予想すれば笑われるほどの完全な作戦成功を収めました。

その後、燃料不足により【日向、伊勢】は呉の浮き砲台として終戦の時を待ちます。
米軍の空襲により、7月26日に【日向】が、7月28日には【伊勢】がついに大破着底、その際に【伊勢】放った砲撃が、大日本帝国海軍所属戦艦の、最後の砲撃となりました。


呉で着底した【日向】


戦況に翻弄された【伊勢、日向】はしかし、任された仕事ではしっかり結果を出し、終戦のその日まで残った数少ない艦でした。
そして姉妹が揃って生還した唯一の軍艦でもありました。

2018年1月8日 加筆・修正

日向の写真を見る