朝風【神風型駆逐艦 二番艦】

広告
広告

起工日大正11年/1922年2月16日
進水日大正11年/1922年12月8日
竣工日大正12年/1923年6月16日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年8月23日
ダソル湾座礁のち沈没
建 造三菱長崎造船所
基準排水量1,270t
垂線間長97.54m
全 幅9.16m
最大速度37.25ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 4基4門
魚 雷53.3cm連装魚雷発射管 3基6門
機 銃6.5mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
三菱パーソンス式ギアードタービン 2基2軸



【朝風】

は当初は「第三駆逐艦」として建造され、大正13年/1924年に「第三号駆逐艦」、そして昭和3年/1928年に【朝風】となります。
なぜ【神風】は「第一駆逐艦」なのに、二番艦の【朝風】が「第三駆逐艦」なのかというと、一等駆逐艦(大型の駆逐艦)は奇数を、二等駆逐艦(小型の駆逐艦)は偶数を充てると決められていたためです。

【朝風】は太平洋戦争開戦後、「フィリピンの戦い」「バタビア沖海戦」に参加。
旧式とはいえ、「神風型」は開戦当初は少しながら戦場に出る機会がありました。
「バタビア沖海戦」では【最上・春風・松風・旗風】らとともに連合国軍の巡洋艦を2隻沈めることに成功しています。

昭和19年/1944年8月、【朝風】【米ガトー級潜水艦 ハッド】の放った魚雷によって撃沈させられます。