夕霧【綾波型駆逐艦 四番艦】

広告
広告

起工日昭和4年/1929年4月1日
進水日昭和5年/1930年5月12日
竣工日昭和5年/1930年12月3日
退役日
(沈没)
昭和18年/1943年11月25日
セント・ジョージ岬沖海戦
建 造舞鶴海軍工廠
基準排水量1,680t
垂線間長112.00m
全 幅10.36m
最大速度38.0ノット
馬 力50,000馬力
主 砲50口径12.7cm連装砲 3基6門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 3基9門
機 銃7.7mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



艦首を二度も失うが、果敢に戦った夕霧

出典:『極秘 日本海軍艦艇図面全集』

【夕霧】【朝霧、天霧、狭霧】とともに第二〇駆逐隊を編成し、第三水雷戦隊に所属していました。
【夕霧】「第四艦隊事件」における最大の被害者であり、台風の被害によって【初雪】とともに艦首が脱落する大損傷を負います。
【夕霧】【大井】によって曳航されて大湊へ向かい、応急処置を施した上で舞鶴へと向かい、修理を行いました。

太平洋戦争では、南方部隊の支援を行い、「ミッドウェー海戦」「ガダルカナル島の戦い」に参加しました。
また、「エンドウ沖海戦」では【天霧】らと協力して【英駆逐艦 サネット】【豪駆逐艦 ヴァンパイア】の撃沈に貢献しています。

昭和18年/1943年8月、【夕霧】は航行中に米潜水艦の放った魚雷を受け、その魚雷がまたも艦首を切断させます。
二度目の艦首切断の憂き目にあった【夕霧】ですが、ここも一命をとりとめて呉にて修理を受けて復活をしています。

しかし11月25日、復活から1ヶ月も経たないうちに輸送任務中に勃発した「セント・ジョージ岬沖海戦」に巻き込まれます。
そこで【夕霧】は駆逐艦との戦いに敗れ、沈没していきました。