鹿島【香取型練習巡洋艦 二番艦】

広告
広告

起工日昭和13年/1938年10月6日
進水日昭和14年/1939年9月25日
竣工日昭和15年/1940年5月31日
退役日
(解体)
昭和22年/1947年

建 造三菱横浜造船所
基準排水量5,890t
全 長133.50m
垂線間幅15.95m
最大速度18.0ノット
航続距離12ノット:7,000海里
馬 力8,000馬力

装 備 一 覧

昭和15年/1940年(竣工時)
主 砲50口径14cm連装砲 2基4門
備砲・機銃40口径12.7cm連装高角砲 1基2門
25mm連装機銃 2基4挺
魚 雷53.3cm連装魚雷発射管 2基4門
缶・主機ホ号艦本式ボイラー 3基
艦本式ギアードタービン 2基/
艦本式22号10型ディーゼルタービン 2基2軸
その他
水上機 1機
広告



最後は本職に復帰 唯一生き残った練習艦 鹿島

「香取型練習巡洋艦」の二番艦【鹿島】は、【香取】竣工からおよそ1ヶ月後に竣工し、この2隻はそろって練習航海に出発しています。
しかしその航海が途中で中断されたことは、【香取】の項でも述べたとおりです。
求められた役割を果たすには、時期が悪すぎました。

【香取】は潜水艦統率の第六艦隊旗艦となりますが、【鹿島】は戦闘部隊ではなく、海防部隊である第四艦隊の旗艦に任命されます。
主に敷設艦や給油艦で構成され、陸戦用の防備隊として機能していきます。

しかし戦争が悪化していくにつれ、日本は海上だけではなく陸上でも劣勢に追いやられていきます。
海にこそいるものの、その任務は主に陸上部隊の支援であった第四艦隊は徐々に活躍の場を失い、やがて激しくなる空襲によって制海権も奪われてしまいました。

その後、船団護衛などの任務を経験した後、【鹿島】は遂に行き場を失い、日本に留まることとなります。
そこで得た仕事は、「練習艦」。
昭和18年/1943年12月、ようやく本来の役目を果たす時がやって来ました。
たった1年ではありますが、【鹿島】は本職に勤しみます。

昭和20年/1945年2月8日 最終時と竣工時の対空兵装比較
高角砲40口径12.7cm連装高角砲 3基6門(+2基)
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺(+4基)
25mm連装機銃 4基8挺(+2基)
25mm単装機銃 18基18挺(+18基)
電 探21号対空電探 1基(+1基)
13号対空電探 1基(+1基)

やがて戦争は終結。
【鹿島】は特別輸送艦となって出兵していた兵員を日本へと送り届けます。
そして昭和22年/1947年に【鹿島】は解体されました。

鹿島の写真を見る