峯雲【朝潮型駆逐艦 八番艦】

広告
広告

起工日昭和12年/1937年3月22日
進水日昭和12年/1937年11月4日
竣工日昭和13年/1938年4月30日
退役日
(沈没)
昭和18年/1943年3月5日
ビラ・スタンモーア夜戦
建 造藤永田造船所
基準排水量1,961t
垂線間長111.00m
全 幅10.35m
最大速度35.0ノット
航続距離18ノット:3,800海里
馬 力50,000馬力
主 砲50口径12.7cm連装砲 3基6門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 2基8門
次発装填装置
機 銃25mm連装機銃 2基4挺
缶・主機ロ号艦本式缶 3基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



時代の移ろいの犠牲者 峯雲

【峯雲】【朝雲・山雲・夏雲】とともに第九駆逐隊を編成しますが、実は開戦にはぎりぎり間に合ったという経緯があります。
昭和16年/1941年6月、【峯雲】は応用演習後に日向灘にて【夏潮】に衝突、さらに後続の【黒潮】にも衝突され、5ヶ月間の修理に入っています。
修理明けが11月末、太平洋戦争が12月8日に始まったので、もう少し遅ければ12月10日の「リンガエン湾上陸作戦」には間に合わなかったかもしれません。

【山雲】が触雷によって離脱し、3隻となった第九駆逐隊ですが、【峯雲】はバリバリ働きます。
「バリクパパン攻略作戦、マカッサル攻略作戦」に従事し、2月には【朝雲】とともに「スラバヤ沖海戦」に参加します。
ここで第九駆逐隊司令の佐藤康夫大佐の元、【峯雲】【朝雲】とともに果敢に攻め入ります。
10,000mから魚雷を発射して退避する他の艦を残し、【峯雲・朝雲】は5,000mまで接近して発射、さらに砲撃戦を行って【英駆逐艦 エレクトラ】を撃沈させました。

その後、2ヶ月の修理を経て6月には「ミッドウェー海戦」にも参加、一時的に北方海域へと回されますが、8月には再びトラック泊地を拠点として南方海域での活動に就きます。
輸送任務を多くこなし、10月にはガダルカナル島での輸送も行いますが、5日に爆撃を受けて至近弾による損傷が発生。
トラック島で応急処置をした後、翌年まで浦賀で修理を受けました。

昭和18年/1943年3月、【峯雲】は引き続き輸送任務を行っていました。
しかし「コロンバンガラ輸送作戦」中に【村雨】とともに「ビラ・スタンモーア夜戦」に巻き込まれ、あっという間に沈んでしまいました。
この海戦はレーダー性能が戦況を大きく左右することがより一層明確になった海戦で、米駆逐艦隊は闇夜で正確にこの2隻を砲撃しました。
一方【峯雲・村雨】はこの攻撃が空襲とすら勘違いするほど敵艦隊の把握ができておらず、抵抗も反撃もすることができませんでした。