白雪【吹雪型駆逐艦 二番艦】

広告
広告

起工日昭和2年/1927年3月19日
進水日昭和3年/1928年3月20日
竣工日昭和3年/1928年12月18日
退役日
(沈没)
昭和18年/1943年3月3日
ビスマルク海海戦
建 造横浜船渠
基準排水量1,680t
垂線間長112.00m
全 幅10.36m
最大速度38.0ノット
馬 力50,000馬力
主 砲50口径12.7cm連装砲 3基6門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 3基9門
機 銃7.7mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



空戦の変化を目の当たりにし、そして沈んだ白雪

【白雪】は建造時は「第三十六号駆逐艦」とされ、昭和3年/1928年8月の建造途中に【白雪】と改称されます。
しかし【白雪】含め「特型駆逐艦」の大多数は、昭和9年/1934年の「友鶴事件」、昭和10年/1935年「第四艦隊事件」の煽りを受け、【白雪】は「第四艦隊事件」で軽微ながら損傷を負っています。
この2つの事件から浮き彫りになった点を打開する補強工事によって、「特型駆逐艦」の武器の1つだった高速力は一気に34ノットまで低下してしまいます。

【白雪】は昭和12年/1937年の「支那事変(日中戦争)」以降から各地で多くの任務を任され、「上海上陸、杭州湾上陸、北部仏印進駐作戦」などに参加しました。
また、それにともなって配属する編成もバラバラで、二航戦護衛や三水戦などで活躍しています。

太平洋戦争では【吹雪・初雪】とともに第一一駆逐隊を編成。
三水戦に所属した【白雪】は、マレー半島攻略中の「エンドウ沖海戦」では【豪駆逐艦 ヴァンパイア】を撃破、【英駆逐艦 サネット】の撃沈に探照灯で貢献。
ジャワ島攻略中の「バタビア沖海戦」では共同で【米ノーザンプトン級重巡洋艦 ヒューストン・豪パース級軽巡洋艦 パース】を撃沈させています。

「ミッドウェー海戦」後、日本は徐々に苦戦を強いられていくことになります。
三次に渡る「ソロモン沖海戦」【白雪】は全てに参加しますが、海戦では敗北。
ガダルカナル島も米軍の侵攻を止めることができず、また「特Ⅱ型・特Ⅲ型」のネームシップである【綾波・暁】「第三次ソロモン海戦」にて沈没してしまいました。
さらに「サボ島沖海戦」では「吹雪型」か【吹雪・叢雲】が失われ、旗艦【青葉】の大破、【古鷹・夏雲】の沈没と、大きな損失がありました。
そして【吹雪】亡き後、「吹雪型」「白雪型」と改められ、【白雪】は新たにネームシップとなり、作戦を遂行していきます。
僚艦が次々と失われていく中、【白雪】はほぼ無傷でこの激しい戦場を潜り抜けていきました。

やがて日本はガダルカナル島からの撤退を決意。
陸海軍双方がボロボロになった同島での戦いに終止符を打つべく、【白雪】は3度の撤退作戦(「ガダルカナル島撤退作戦(ケ号作戦)」)全てに参加。
この作戦では【巻雲】が航行不能、後に雷撃処分されていますが、予想を大幅に上回る数の兵士を救出することができ、大成功を収めました。

しかし、この勇気ある撤退とは裏腹に、日本は日ごとに実現性のない作戦をぶちあげていくことになります。
昭和18年/1943年3月の「ビスマルク海海戦」、別名「ダンピールの悲劇」と呼ばれるこの海戦では、日本は制空権を取られている海域を、輸送船8隻を8隻の駆逐艦で護衛するという「八十一号作戦」を発令。
かたや35ノットを出せる駆逐艦と、出せても13ノット、標準が10ノットそこそこの輸送船では守る側も大変です。
それをマンツーマンで、しかも敵陣営で行うのですから、いかにこの作戦がむちゃくちゃなものであるかがわかるかと思います。
実際、第三水雷戦隊参謀であった半田仁貴知少佐は、発案者である第八戦隊参神重徳大佐へ同作戦の中止を進言しています。

しかし、命令はなかなか覆るものではありません。
16隻の艦艇は、約40機の「零戦」とともに死出の旅へと出発します。
そして案の定、米軍の空襲にさらされることになるのです。

運が悪いことに、米軍は実力で成功率が大きく左右される急降下爆撃から、さほど難しくない反跳爆撃という手法へと転換している時期でした。
反跳爆撃は、水面より少し上を飛行し、爆弾を普通に投下します。
しかしものすごい速度で移動しているため、爆弾は沈む前に水切り石のように海面を飛び跳ねて移動します。
爆撃機は艦艇の横っ腹や艦首・艦尾めがけてなるべく水平に飛び、あとは高度を下げて爆弾を投下、投下したら上昇するだけという爆撃方法でした。
魚雷よりも速い、それこそ航空機並の速度で爆弾が迫ってくるのですから、艦艇の回避は不可能同然でした。
さらに標的の半分は鈍足の輸送船です、訓練のような環境でした。

この「ビスマルク海海戦」では、「零戦」が高度6,000mを飛行していたのに対し、反跳爆撃のため米航空機は通常よりもはるかに低い高度3,000mを飛行していたことも大きな敗因でした。
そしてその降下を阻止すべく、米軍も「零戦」に向けて戦闘機を飛ばしていました。
「零戦」は自軍の護衛に全くつくことができませんでした。

これにより輸送船8隻は全滅(うち1隻は同空襲の前日に沈没)。
さらに駆逐艦も【白雪・朝潮・荒潮・時津風】が沈没してしまいます。
第三水雷戦隊の彼女らは、その最大の武器である魚雷を放つことなく散っていきました。
そしてこの間、20分にも満たなかったのです。
海上に落ち、そして猛スピードで迫り来る爆弾に為す術もなく、日本は見事に翻弄されました。

【白雪】は第三砲塔弾薬庫に直撃弾を受け、弾薬庫の大爆発とともに艦尾が崩壊。
さらに三水戦司令官木村昌福少将は3つの銃創を負い、そして浸水の止まらない【白雪】は1時間もしないうちに沈没していきました。