利根【利根型重巡洋艦 一番艦】

広告
広告

起工日昭和9年/1934年12月1日
進水日昭和12年/1937年11月21日
竣工日昭和13年/1938年11月20日
退役日
(解体)
昭和23年/1948年9月30日

建 造三菱長崎造船所
基準排水量8,500t
全 長201.60m
垂線間幅18.50m
最大速度35.0ノット
航続距離18ノット:8,000海里
馬 力152,000馬力

装 備 一 覧

昭和13年/1938年(竣工時)
主 砲50口径20.3cm連装砲 4基8門
備砲・機銃40口径12.7cm連装高角砲 4基8門
25mm連装機銃 6基12挺
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 4基12門(水上)
缶・主機ロ号艦本式ボイラー 重油8基
艦本式ギアードタービン 4基4軸
その他
水上機 5機
広告



前で撃て、後ろで飛ばせ 偵察特化の重巡洋艦 利根

戦闘は、戦術は無論、攻撃力や防御力の高さも言うまでもなく、しかし情報があればなお有利に進めることができます。
太平洋戦争においては、航空機による攻撃が最強であることが実証されましたが、飛行機は攻撃するためだけではなく、索敵や偵察にも非常に重宝されました。

「利根型」「最上型」と同じく、建造当初は軽巡、しかし主砲換装により重巡になれる(可能性のある)スペックを持っていましたが、本来は「最上型」の準同型艦となる予定でした。
ところが、「友鶴事件」「第四艦隊事件」、さらには「ワシントン海軍軍縮条約」「ロンドン海軍軍縮条約」の失効・脱退と、様々な要素が絡み合い、もはや条約に縛られる必要がなくなったため、新たに「利根型」として再設計されることになりました。
なので、「最上型」は軽巡として竣工後に主砲換装が行われていますが、「利根型」は建造中に主砲が変更になったため、誕生した時から重巡でした。

「利根型」の最大の特徴は、何と言ってもその構造。
主砲は船体の前後に配備されるものでしたが、その主砲を前部へ集中させ、後部は水上機の配備・発射用の設備を整えるというものに変更。
その代わり3番、4番砲塔は最初から後ろ向きにしておきました(当然前方へ向けることもできます)。
主砲は20.3cm連装砲4基と、「最上型」より1基減りますが、その代わり水上機搭載数は6機と、「最上型」の倍(【最上】竣工時と比較)。
カタパルトも2機搭載し、偵察に特化した航空巡洋艦として期待されます。
当時日本はその水上機搭載数がアメリカに劣っており、この打開は戦いを優位に進める上でも、アメリカよりも質で勝負せざるを得ない日本の状況的にも重要でした。

出典:『軍艦雑記帳 上下艦』タミヤ

また、【妙高】【高雄】が戦争中に実際にやらかした、砲撃の衝撃によって水上機が破損するという事態を解消するために、後部甲板は階段上へ変更されて主砲との距離をとっています。

艦内環境もどんどん改善され、計画よりも若干重く、また遅くなったものの、のちの【航空巡洋艦 最上】のもととなった【利根】は、太平洋戦争の3年前に竣工します。
【利根】【筑摩】は姉妹で第八戦隊を編成し、その航空戦力を見込まれ、重巡洋艦にもかかわらず第一航空艦隊に配属されました。

出典:『極秘 日本海軍艦艇図面全集』

オールマイティーな戦力は太平洋を駆け巡る

太平洋戦争の開幕となった「真珠湾攻撃」では、【利根、筑摩】からの偵察機が敵情や天候を観測し、そこから攻撃が始まっています。

それから半年後のミッドウェー海戦までに、【利根】はなんと「ウェーク島攻略作戦」「ラバウル上陸作戦」「蘭印作戦」「セイロン沖海戦」と、4つの作戦に参加。
いずれも偵察能力をかわれ、さらに重巡本来の役割である砲撃戦でも活躍。
機動部隊の大活躍を影で支えた【利根】は、デビューからいきなり引っ張りだこでした。

「ミッドウェー海戦」では、これまで通り出撃後に偵察機を飛ばし、米軍の様子をうかがう予定でしたが、【利根】のカタパルトの調子が芳しくなく、予定よりも発艦が30分ほど遅れてしまいます。
その後の勝負の行方は言うまでもありませんが、当初はこの【利根】のカタパルトの不調による発見の遅れが、日本の敗北に直結したと考えられていました。
ところが近年の研究では、この発艦の遅れがあったからこそ、米艦隊を発見することができたのであり、予定通り発艦していたらむしろ発見できなかったという説が現実味を帯びてきています。

「ミッドウェー海戦」後も、「第二次ソロモン海戦」「南太平洋海戦」に出撃し、変わらず偵察任務をこなしていきます。
途中装備を改める・増備するなど、【利根】の力は増す一方でしたが、昭和18年/1943年には機関などで故障が多数発見され、一時戦線離脱し呉で修理を行っています。


第二次ソロモン海戦中で戦闘中の【利根】

昭和19年/1944年6月30日 あ号作戦後と竣工時の対空兵装比較
高角砲40口径12.7cm連装高角砲 4基8門(±0)
機 銃25mm三連装機銃 8基24挺(+8基)
25mm連装機銃 4基8挺(-2基)
25mm単装機銃 25基25挺(+25基)
電 探21号対空電探 1基(+1基)
22号水上電探 2基(+2基)
13号対空電探 1基(+1基)

「マリアナ沖海戦」「シブヤン海海戦」「サマール沖海戦」と、日本が窮地に追いやられる中でも【利根】は日本の眼として奮戦し、これらすべての戦いの前線に立ちながらも生き抜いています。
しかし【利根】1隻で戦況が打破できるわけもなく、燃料も不足したため、【利根】は遂に呉の警備艦となり、出撃の機会を失ってしまいます。

やがて呉は米軍の空襲の標的となり、何度も空襲にさらされました。
そのたびに【利根】はダメージが蓄積され、7月には遂に大破着底してしまいます。
傷だらけになりながらも浮き砲台として米軍と最後まで戦い抜いた【利根】は、その身を海に沈めることなく、終戦まで耐え切ります。

その後、【利根】は復興資源として解体され、使われていた鋼材は国民のために再利用されています。

【利根】は砲撃での戦果はあまりありませんが、抜群の索敵実績によって日本に勝利をもたらし、そして高速性と攻撃力を兼ね備えた万能巡洋艦として、開戦から終戦まで駆け抜けた素晴らしい軍艦でした。


着底した終戦後の【利根】


利根の写真を見る