初春【初春型駆逐艦 一番艦】

広告
広告

起工日昭和6年/1931年5月14日
進水日昭和8年/1933年2月27日
竣工日昭和8年/1933年9月30日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年11月13日
マニラ空襲
建 造佐世保海軍工廠
基準排水量1,400t→約1,700t
垂線間長103.00m
全 幅10.00m
最大速度36.5ノット→33.27ノット
航続距離18ノット:4,000海里
馬 力42,000馬力
主 砲50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 2基6門
次発装填装置
機 銃40mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 3基
艦本式ギアードタービン 2基2軸


広告



1年の修理が、初春の活躍の場を奪う

「初春型」誕生の流れは複雑なので、こちらをご確認ください
『求めすぎた結果、大損した初春型』

難産、そして登場後も様々な改造が施された「初春型」ですが、そのあまりの失敗ぶりから14隻の建造計画は着手していた6隻で打ち止め。
急遽「白露型」の建造が決定します。
当時はこの「初春型・白露型」の区別が曖昧で、書籍には「有明型」が2隻存在する表記もあれば、「白露型」「初春型」に含まれることもあったそうです。

【初春】は純粋な「初春型」4隻(【有明・夕暮】「改初春型」と扱われることも多い)で第二一駆逐隊を編成。
しかし太平洋戦争ではよく被害にあう艦で、こちらでも不幸を引きずっていました。
昭和17年/1942年1月には「スラウェシ島ケンダリー攻略」の増援にダバオから向かう途中、遭遇した【長良】と衝突してしまう事故を起こします。
これによって【初春】は艦首を圧潰し、【子日・若葉】に護衛されながらダバオへと引き返すこととなり、増援には【初霜】たった1隻で加わるという誤算が生じています。

5月には「アッツ島の戦い」に参加。
10月にはキスカ島への輸送任務に勤しんでいる最中、米軍の空襲にさらされて大破してしまいます。
この時にともに輸送を行っていた【朧】は沈没、【初春】【若葉・初霜】に護衛されて幌筵まで逃げ延びています。
その後、舞鶴で本格的な修理を施されるのですが、戦地へ戻ることができたのはそれから1年も後のことでした。

昭和19年/1944年8月15日時点での兵装状況
主 砲50口径12.7cm連装砲 2基4門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 2基6門
爆 雷九四式爆雷投射機 1基
機 銃25mm三連装機銃 3基9挺
25mm連装機銃 1基2挺
25mm単装機銃 12基12挺
13mm単装機銃 4基4挺
電 探22号水上電探 1基
13号対空電探 1基

【初春】が戻ってきた頃の日本はすでにかつての栄光は見当たらず、常に劣勢に立たされる苦境でした。
その後の多くの任務が輸送に偏った【初春】は、その中で多くの僚艦が沈んでいくのを目の当たりにしていくことになります。
「レイテ沖海戦」では【若葉】が沈み、【初霜】も被弾。
「第3次多号作戦」のオルモック突入は成功するものの、第四次に次いで行われた「第3次多号作戦」では、二水戦で多くの猛者とともに奮闘した【長波】や海軍最新鋭駆逐艦【島風】などの駆逐艦や輸送船が沈没。
そしてそう遠くない未来に、【初春】も後を追うことになります。

11月、【初春】【利根・隼鷹】らを中心とした緊急輸送任務のために日本へ戻るところでした。
その道中でマニラ湾へと寄港したところを、米軍の無数の艦載機に狙われてします。
容赦ない空襲の中、【初春】は為す術なく沈没。
【那智・木曾】ら多くの艦艇がマニラ湾へと沈みました。