夏雲【朝潮型駆逐艦 七番艦】

広告
広告

起工日昭和11年/1936年7月1日
進水日昭和12年/1937年5月26日
竣工日昭和13年/1938年2月10日
退役日
(沈没)
昭和17年/1942年10月12日
サボ島沖海戦後の空襲
建 造藤永田造船所
基準排水量1,961t
垂線間長111.00m
全 幅10.35m
最大速度35.0ノット
航続距離18ノット:3,800海里
馬 力50,000馬力
主 砲50口径12.7cm連装砲 3基6門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 2基8門
次発装填装置
機 銃25mm連装機銃 2基4挺
缶・主機ロ号艦本式缶 3基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



無防備な救助中を狙われた夏雲

【夏雲】【朝雲・山雲・峯雲】と第九駆逐隊を編成、第四水雷戦隊に所属していました。
太平洋戦争開戦後は「ジャワ島攻略作戦、クリスマス島攻略作戦」の支援を行っています。

4月から6月まで修理行うと、【夏雲】【朝雲】とともに「ミッドウェー海戦」に参加。
その後は7月中旬まで北方部隊へ一時的に転属となり、アリューシャン方面の侵攻にも加わっています。
再び南方に戻った【夏雲】は、8月には「ガダルカナル島の戦い」に飛び込み、「第二次ソロモン海戦」にも参加。
その後は輸送任務を続けるのですが、10月12日、「サボ島沖海戦」が勃発。
【夏雲】は参加はしていないのですが、輸送任務からの帰途にこの海戦での生存者の救助にあたっています。
さらにこの海戦では【叢雲】も航行不能になっており、【夏雲】は続いてこれの救助にも向かいました。
ところがこれが逆に敵の空襲の狙い目となってしまい、沈没艦乗員の救助中にもかかわらず、【夏雲】【叢雲】ともども撃沈されてしまいました。