敷波【綾波型駆逐艦 二番艦】

広告
広告

起工日昭和3年/1928年7月6日
進水日昭和4年/1929年6月22日
竣工日昭和4年/1929年12月24日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年9月12日
海南島東
建 造舞鶴海軍工廠
基準排水量1,680t
垂線間長112.00m
全 幅10.36m
最大速度38.0ノット
馬 力50,000馬力
主 砲50口径12.7cm連装砲 3基6門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 3基9門
機 銃7.7mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



姉の武勲を見届け、大敗北のビスマルク海海戦を生き抜いた敷波

【敷波】【磯波・浦波・綾波】とともに第一九逐隊を編成し、第三水雷戦隊に所属していました。
太平洋戦争では南方部隊のマレー上陸支援を始め、「バタビア沖海戦・ミッドウェー海戦・ソロモン海戦」などの激戦地に出撃しています。
「バタビア沖海戦」では共同で【米ノーザンプトン級重巡洋艦 ヒューストン】を撃沈させる武勲をたて、「ガダルカナル島の戦い」では10度に渡る輸送から戦闘までもを任されています。
「第三次ソロモン海戦」では【川内・浦波・綾波】とともに米主力艦隊と戦い、自身の武勲はないものの、【綾波】の大活躍を、そして最期を見届けました。

その後、【敷波】は船団護衛を続けていましたが、やがて輸送船や【白雪】などの駆逐艦が一気に沈められた「ビスマルク海海戦」へと突入。
新しい攻撃手段として採用された反跳爆弾の餌食となった艦隊でしたが、【敷波】はその猛威を何とかくぐり抜けて一命をとりとめます。
【白雪】に乗船していた木村昌福少将と乗員を救助し、司令代行を務めた【敷波】は全艦撤退を指示。
しかし【朝潮】はその命令を無視して【野島・荒潮】の救助に向かい、そして哀れにもその身を沈めてしまうことになります。

奇跡的に生還した【敷波】は、その後も黙々と船団護衛を勤め続けます。
ところが昭和19年/1944年9月、船団護衛のために内地へ向かっていた【敷波】を魚雷が襲います。
【米ガトー級潜水艦 グロウラー】が放った魚雷を受けた【敷波】は撃沈。
単艦航行だったため、多数の乗員が死亡してしまいました。