浦波【吹雪型駆逐艦 十番艦】

広告
広告

起工日昭和2年/1927年4月28日
進水日昭和3年/1928年11月29日
竣工日昭和4年/1929年6月30日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年10月26日
第一次多号作戦
建 造佐世保海軍工廠
基準排水量1,680t
垂線間長112.00m
全 幅10.36m
最大速度38.0ノット
馬 力50,000馬力
主 砲50口径12.7cm連装砲 3基6門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 3基9門
機 銃7.7mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



姉の磯波と二度の衝突 特改Ⅰ型とも呼ばれる浦波

【浦波】は建造時は「第四十四号駆逐隊」とされ、建造中の昭和3年/1928年8月に【浦波】と改称されます。
【浦波】はこれまでの「吹雪型駆逐艦」とは煙突基部の缶室給気路が改正されたため、一部では「特改Ⅰ型」と呼ばれることがあります。
もっとも「特改Ⅰ型」はこの【浦波】1隻のみで、続く【綾波】以後は「特Ⅱ型・綾波型」となります。

出典:『軍艦雑記帳 上下艦』タミヤ

出典:『極秘 日本海軍艦艇図面全集』

【浦波】は昭和3年/1928年に【磯波、綾波、敷波】とともに第一九駆逐隊を編成します。
昭和12年/1937年、「支那事変(日中戦争)」突入時に【磯波】と衝突してしまいますが、修復後はしっかりとともに上海・杭州湾上陸作戦に参加しています。

太平洋戦争では、「ミッドウェー海戦」時にまたも【磯波】と衝突して損傷。
再び修理の後、海上護衛や哨戒活動に従事しました。

昭和17年/1942年11月、【浦波】は半年に渡る鉄底海峡での争いの中、ガダルカナル島への輸送作戦に11回参加しており、護衛任務含め、裏方中心の任務が割り当てられました。
しかし最終決戦とも言える「第三次ソロモン海戦」には、黒豹【綾波】とともに参戦しています。

この時、【川内】を中心として【川内、綾波】がサボ島の西を、【浦波、敷波】がサボ島の東を進み、警戒態勢にはいっていました。
その時、【浦波】【米ノースカロライナ級戦艦 サウスダコタ】を中心としたアメリカ艦隊をサボ島南東に発見。
それを【川内】へ報告すると、【川内】【綾波】から分離して【浦波、敷波】の支援に向かいます。
その後この3隻は米艦隊と砲撃戦を行うのですが、あまりの戦力差に撤退を開始。
ところが【綾波】には「敵発見」の声も「撤退」の声も届いておらず、この結果【綾波】は単艦で信じられない戦果を上げる事になるのです。
【浦波】はこの一騎当千の活躍を成し遂げて沈没した【綾波】の乗員を救助しています。

昭和18年/1943年3月に発生した「ビスマルク海海戦」では、【浦波】はなんとか生き残ったものの、駆逐艦8隻中4隻が、そして輸送船は8隻全てが沈没するという未曾有の大損害を負ってしまいます。
これまでの太平洋戦争の中で1つの海戦による戦闘艦沈没数としては、「ミッドウェー海戦」の5隻に次ぐ被害でした。
【浦波】はこの地獄の海峡から救えるだけの乗員を救い出し、直ちにラバウルへと逃げ込みました。

「ビスマルク海海戦」は輸送任務中の海戦でしたが、昭和18年/1943年は一貫して輸送任務に就いていました。
しかし4月には船団護衛を終えた後、マカッサル海峡付近で座礁してしまい、この結果8月まで修理を受けることになりました。

9月には第一六戦隊に配属。
4月に【磯波】【米タンバー級潜水艦 トートグ】の魚雷を受けて沈没し、第一九駆逐隊は【敷波】との2隻だけとなっていましたが、12月には【天霧】が編入され、中途半端ではありますが第一九駆逐隊は3隻編成となりました。
それから昭和19年/1944年に入っても輸送中心の日々は変わりませんでしたが、第一九駆逐隊とともに、第一六戦隊旗艦の【青葉】や所属艦の【鬼怒】との行動が多くなっていました。

しかし4月に【天霧】がマカッサル海峡で触雷して沈没。
第一九駆逐隊はたった半年で再び【浦波、敷波】の2隻だけとなってしまいました。

6月には第一六戦隊を含めた南方方面艦隊による、「ビアク島の戦い」の輸送支援作戦となる「渾作戦」に参加することになります。
しかし米軍の妨害や、マリアナ諸島へ米軍が進出してきたこともあって3回に渡る「渾作戦」は全て中止。
時間と燃料を浪費した上、この後に発生した「マリアナ沖海戦」でも大敗北。
さらに8月には【敷波】【米ガトー級潜水艦 グロウラー】の雷撃によって沈没し、ついに第一九駆逐隊は【浦波】1隻だけとなってしまいました。

9月にはその第一九駆逐隊は解散。
結果、【浦波】はどの駆逐隊にも属さずに第一六戦隊の一員として行動することになります。

昭和19年/1944年10月、「レイテ沖海戦」の際は栗田艦隊に随伴してリンガ泊地を発つものの、レイテ島への兵員輸送のために途中で【青葉、鬼怒】とともにマニラへ向かうことになりました。
しかしその航路で【青葉】【米ガトー級潜水艦 ブリーム】の魚雷を受けて大破。
【青葉】はこれが3度目の大破でした。
【青葉】【鬼怒】に曳航されてマニラへ到着するものの、当然予定だった兵員輸送には就けなくなってしまいます。

【浦波】【鬼怒】が担った輸送作戦は「多号作戦」の第1次作戦で、述べ9回に渡る輸送作戦の先陣を切る形となります。
第一輸送隊に輸送艦3隻、第二輸送隊に輸送艦2隻、そして【浦波・鬼怒】のコンビの計3隊でのカガヤンからレイテ島への輸送任務になりました。
【青葉】のこともあって【浦波】【鬼怒】は出発が遅れ、どう考えても危険なのですが、25日に輸送艦5隻だけが先に出発するという事態となってしまいます。

【浦波】【鬼怒】は急ぎマニラからカガヤンへ向かい、そこで兵員をたっぷり乗せて先をゆく輸送艦を追いかけます。
さすが速度のある2隻とあって、朝に出発した輸送艦に対して午後5時半に出発したにも関わらず、26日未明にはそれぞれがレイテ島へと到着していました。

兵員を揚陸して第1次輸送を終えた2隻でしたが、その帰路は死出の旅となってしまいます。
午前10時すぎ、2隻は米軍の機動部隊の空襲に晒され、【浦波】は12時24分に沈没、続いて【鬼怒】も14時過ぎに沈没してしまいました。

【浦波】「特Ⅰ型」の中では最後まで奮闘した駆逐艦です。