文月【睦月型駆逐艦 七番艦】

広告
広告

起工日大正13年/1924年10月20日
進水日大正15年/1926年2月16日
竣工日大正15年/1926年7月3日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年2月18日
トラック島空襲
建 造藤永田造船所
基準排水量1,315t
垂線間長97.54m
全 幅9.16m
最大速度37.25ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 4基4門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 2基6門
機 銃7.7mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



大型貨物船と衝突 今はダイビングスポット 文月

【文月】は竣工当初は「第二十九号駆逐艦」と呼ばれ、昭和3年/1928年に【文月】と改称されます。
【文月】【皐月・水無月・長月】とともに第二二駆逐隊を編成し、太平洋戦争では「フィリピンの戦い、ジャワ島攻略戦、バタビア沖海戦」などに参加。

昭和17年/1942年9月、【文月】は内地と台湾を結ぶ輸送船団の護衛を行ってしました、その最中、日本郵便所属の【勝鬨丸】と衝突し、なんと大破してしまいます。
この【勝鬨丸】、もとは米貨物船で【プレジデント・ハリソン号】と呼ばれていましたが、開戦当日に日本が拿捕曳航した船でした。
ところがこの【勝鬨丸】は、コレラ蔓延、座礁、衝突、船内事故多発など、呪われているのではないかと言われるほど不幸が取り巻いており、その中で【文月】との衝突も発生しました。

12月に戦列復帰した【文月】は、「ガダルカナル島撤退作戦(ケ号作戦)」に従事しますが、3月末にフインシュにおいて敵機の攻撃を受けて損傷、【文月】は佐世保で修理を行いました。

そして昭和19年/1944年1月、【皐月】とともにラバウルでの輸送船団護衛を務め、米艦載機との戦いに挑むことになります。
約100機もの大群で押し寄せた航空機の攻撃に対し、【皐月・文月】は見事な大立ち回りをやってのけました。
機銃を巧みに操り、舵を華麗に捌き、爆撃や魚雷を全て回避した両艦は、見事11機の航空機を撃墜させます。
さらには輸送船団も守りぬき、【皐月・文月】は見事に護衛の任を果たします。

しかしこの戦いは、【文月】最後の功績となってしまいます。
1月30日、ラバウルでの空襲によって至近弾を受けて浸水した【文月】は、修理のためにトラック泊地へと移動します。
ところが半月後の2月17日、トラック島空襲により阿鼻叫喚の様相を呈します。
主機を分解していたため、急遽復旧させるものの片舷航行によって速度は12ノット程度しか出すことができませんでした。
空襲の被害によって浸水がどんどん広がった【文月】は、曳航して座礁させようとしましたが、米軍はそんな余裕すら与えてくれません。
結局【文月】は回避行動虚しく沈没。
その様は「必死に怯える子羊のよう」だったと残されています。