三日月【睦月型駆逐艦 十番艦】

広告
広告

起工日大正14年/1925年8月21日
進水日大正15年/1926年7月12日
竣工日昭和2年/1927年5月5日
退役日
(沈没)
昭和18年/1943年7月29日
グロスター岬座礁のち沈没
建 造佐世保海軍工廠
基準排水量1,315t
垂線間長97.54m
全 幅9.16m
最大速度37.25ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 4基4門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 2基6門
機 銃7.7mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



睦月型唯一のミッドウェー海戦参加艦 三日月

【三日月】は竣工当初は「第三十ニ号駆逐艦」と呼ばれ、昭和3年/1928年に【三日月】と改称されます。
【三日月】は太平洋戦争までは【菊月・望月・夕月】とともに第二三駆逐隊を編成しますが、太平洋戦争勃発時には【鳳翔・瑞鳳】で編成された第三航空戦隊の護衛任務を任されることになりました。
第三航空戦隊は「真珠湾攻撃」には参加しなかったため、開戦時には内地で待機となりますが、「ミッドウェー海戦」には「睦月型」12隻で唯一の参加となりました。

その後、【三日月】は第一海上護衛隊へと転属し、今度は内地と台湾を結ぶ船団護衛に就きます。
昭和18年/1943年3月には、所属艦の相次ぐ沈没によって解散されていた第三〇駆逐隊が、【三日月・卯月・望月】で再結成されました。
また同時に【三日月】は兵装の半分とロ号艦本式缶1基と引き換えに機銃を増設、輸送艦としての役割も果たせるようにスペースを多くとる改装工事が施されています。

第三〇駆逐隊は第三水雷戦隊に所属し、その後激戦地での輸送任務に明け暮れることとなります。
6月30日には「ニュージョージア島の戦い」が始まり、第三〇駆逐隊は夜間の鼠輸送を連夜実施。
7月5日には「クラ湾夜戦」が勃発し、【三日月・望月】は急いで輸送を終えますが、この戦いでは別働隊で輸送をしていた【皐月・長月】のうち【長月】が座礁、後に沈没しています。
また第三水雷戦隊司令部のあった【新月】も沈没し、大きな被害となりました。

続いて7月9日には「コロンバンガラ島沖海戦」が起こり、次発装填装置を装備しておらず、さらに先の改装によって兵装が半減した【三日月】は、魚雷を全て発射するとすぐさま戦場から離脱しました。
この戦いは、【神通】が沈没したことで有名な戦いです。

【三日月】は続いて7月25日にニューブリテン島・ツルブへの輸送を行うのですが、ここで思わぬ事態が発生します。
【有明】とともに航行していた【三日月】は、グロスター岬のサンゴ礁に乗り上げて座礁してしまうのです。
時刻は午後11時頃、両艦ともそのサンゴ礁に気づかなかったため、26ノットという速度で思いっきり突っ込んでしまい、甚大な被害を負ってしまいます。
特に【三日月】は浸水、左右スクリューともに屈曲という航行不能寸前の状態に陥ってしまいました。

【有明】は6ノットとという速度ながらも何とか離礁しますが、【三日月】は依然としてその危機から脱することができず、【有明】はひとまず【三日月】の物資を一部引き受けて任務に戻り、ツルブへの輸送を成功させます。
しかし【三日月】は燃料や物資を減らしてもなお離礁に失敗し、やがて右スクリューは脱落、ついに自力航行ができなくなってしまいました。

さらに運の悪いことに、米陸軍が「B-25」で空襲を仕掛けてきます。
【有明】はこの空襲によって沈没、【三日月】にも爆弾が1発命中し、【三日月】は船体放棄が決定されます。
【秋月】によって【三日月、有明】の乗員は救助されました。

不幸にも、【八番艦長月、九番艦菊月、十番艦三日月】はみな座礁によって船体放棄という憂き目にあっています。