卯月【睦月型駆逐艦 四番艦】

広告
広告

起工日大正13年/1924年1月11日
進水日大正14年/1925年10月15日
竣工日大正15年/1926年9月14日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年12月12日
第9次多号作戦
建 造石川島造船所
基準排水量1,315t
垂線間長97.54m
全 幅9.16m
最大速度37.25ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 4基4門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 2基6門
機 銃7.7mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



夕月ととも、睦月型で最後まで戦い続けた卯月

【卯月】は竣工当初は「第二十五号駆逐艦」と呼ばれ、昭和3年/1928年に【卯月】と改称されます。
「支那事変(日中戦争)」では、【睦月・如月・弥生】とともに第三〇駆逐隊を編成。
しかし昭和15年/1940年の太平洋戦争直前、【卯月】は第二三駆逐隊へと編入。
第三〇駆逐隊は新たに【望月】が加わります。

第二三駆逐隊は、【卯月、菊月、夕月】で編成され、主に空母を中心とした船団護衛を任されました。
「グアム島攻略」を筆頭に、「ラバウル方面攻略、モレスビー攻略」などに参加した第二三駆逐隊でしたが、5月の「ツラギ島攻略作戦」の最中、僚艦の【菊月】が撃沈されてしまいます。
これにともなって第二三駆逐隊はナウルとオーシャン諸島攻略にまわりますが、この作戦では【敷設艦 沖島】が沈没、さらに米空母が現れたことにより中止となり、【卯月・夕月】は佐世保に戻ることになりました。

佐世保に戻ると同時に、第二三駆逐隊は解散。
【夕月】は第二九駆逐隊へ、【卯月】は久しぶりに第三〇駆逐隊所属となりました。

その後、【卯月】「第一次ソロモン海戦」の輸送船団護衛を務めますが、海戦後に沈没した【加古】の乗員650名の救助も行っています。
その乗員をガダルカナル島へと送り届けるのですが、その際に米軍の爆撃を受けて【卯月】は損傷。
再び【卯月】は佐世保に戻り、修理を行うことになりました。

その一方では、仲間である【睦月・弥生】が相次いで沈没。
第三〇駆逐隊は【卯月】1隻だけとなり、残念ながら解散することになりました。
また、結果的に「睦月型」で最も年長者となったため、「睦月型」改め「卯月型」と呼ばれるようになりました。

12月、【卯月】はラバウルで船団護衛を行っていたのですが、【米サーゴ級潜水艦 シードラゴン】の雷撃を受けた【輸送船 南海丸】【卯月】と衝突してしまいます。
これによって船体に穴が開いてしまい、機関部が浸水、なんと航行不能になってしまいました。
【卯月】【有明】、途中からは【浦風】によって曳航され、ラバウルへと避難します。
しかしラバウルでも空襲にあった【卯月】はさらに損傷、応急処置をした後、【卯月】【漣】らとともに佐世保まで戻ることになりました。

三度佐世保で修理を行った【卯月】は、同時に疎かになっている対空兵装を強化され、12cm単装砲2基と魚雷発射管1基を撤去、代わりに25mm連装機銃25mm三連装機銃をそれぞれ2基、さらには25mm単装機銃を6基搭載しています。

修理を終えた【卯月】は再びラバウル・トラック方面で積極的に輸送任務や船団護衛を行いますが、その最中も再編成された第三〇駆逐隊の僚艦【望月】が沈没、また【龍田】の最期を看取り、乗員を助けるなど、次々と仲間を失っていきました。
損害も少なくなく、単艦輸送中に米軍艦隊と遭遇した際は辛うじて逃げ切っています。

「マリアナ沖海戦」では補給艦の護衛に就きますが、残念ながら4隻中2隻の【油槽船 清洋丸、玄洋丸】は守り切ることができずに撃沈。
【卯月】【玄洋丸】の乗員を救助しました。

昭和19年/1944年8月31日時点の兵装状況
主 砲45口径12cm単装砲 2基2門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 1基3門
爆 雷八一式爆雷投射機 2基
機 銃25mm三連装機銃 2基6挺
25mm連装機銃 2基4挺
25mm単装機銃 6基6挺
25mm単装機銃取付座 2基
電 探13号対空電探 1基

出典:『軍艦雑記帳 上下艦』タミヤ

昭和19年/1944年12月、【卯月】【夕月、桐】とともに「第9次多号作戦(オルモック輸送第9次作戦)」に参加します。
しかし12日、【卯月】【米魚雷艇 PT490】と接触して交戦することになります。
【卯月】はここで魚雷を艦橋下に受けてしまい、やがて沈没。
また翌日には【夕月】も損傷の末、雷撃処分によって沈没しました。

「睦月型」の長い歴史は、この2隻の沈没によって閉じられました。