曙【綾波型駆逐艦 八番艦】

広告
広告

起工日昭和4年/1929年10月25日
進水日昭和5年/1930年11月7日
竣工日昭和6年/1931年7月31日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年11月13日
マニラ空襲
建 造藤永田造船所
基準排水量1,680t
垂線間長112.00m
全 幅10.36m
最大速度38.0ノット
馬 力50,000馬力
主 砲50口径12.7cm連装砲 3基6門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 3基9門
機 銃7.7mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



不幸が降り注ぐ中、必死に戦い続けた曙

駆逐艦だけでなく、軍艦は当然新しいものほど強力であったり、性能が上であるため、古い艦は必然的に待遇が悪くなる傾向にありました。
【曙】は第七駆逐隊の中では最も古く(【朧】は転出してるため、第七駆逐隊は3隻)、上記のような影響を少なからず受けることになります。

太平洋戦争開戦後の昭和17年/1942年3月、【曙】は前日の出撃によって燃料が不足している中、近隣を航行中との情報が入ったオランダの病院船の臨検のため、出動させられます。
やがて艦影を確認した【曙】はそれに接近するのですが、実はその正体は【英ヨーク級重巡洋艦 エクセター】をはじめとするイギリスの艦隊でした。
慌てて【曙】は撤退し、旗艦である【妙高】にこの旨を通達。
ところが返ってきた答えは「敵艦隊をひきつけろ」という、あまりに無理な命令。

【曙】はこの命令に対して、撃沈覚悟での突撃も考えたのですが、しばらくもしないうちに【妙高・足柄・雷】らが戦場に到着し、「スラバヤ沖海戦」が勃発します。
【曙】は沈没の危機を回避し、逆に帝国海軍は【エクセター】の撃沈に成功しています。

なお、本来求められたオランダの病院船は【潮】が発見し、臨検拘束を行っています。

昭和17年/1942年5月、【曙】「珊瑚海海戦」に参加する【翔鶴・瑞鶴】の護衛として【潮】とともに出撃します。
本来は【曙・瑞鶴】【潮・翔鶴】という組み合わせだったのですが、この組み合わせが入れ替わり、【曙】【翔鶴】の護衛に回ることになります。
これもまた、【曙】に不幸をもたらすこととなるのです。

この時はまだ渾名されていませんでしたが、【翔鶴】はのちに「被害担当艦」と呼ばれるほど被害の多い空母です。
この戦いでも、【翔鶴】【米ヨークタウン級航空母艦 ヨークタウン】から放たれた艦載機の猛攻にあって大損害を負います。
大炎上する【翔鶴】の姿はアメリカが二度も撃沈報告をするほどのもので、【曙】【翔鶴】を被害から守ることができませんでした。
一方の【瑞鶴】はスコールの下に紛れ込むことができたため、被害は全くのゼロ。
辛うじて生き残った【翔鶴】でしたが、この非難の目はまとめて【曙】へと向けられます。
その内容は【曙】に向けられるべきではないものまで含まれ、とにかくすべては【曙】が悪い、という無慈悲なものでした(その中には天候に関することすら含まれていたそうです)。

その後、6月には「アリューシャン方面の戦い」に出撃しますが、それを最後に2年以上護衛や輸送任務に就くことになります。
昭和19年/1944年1月14日には、僚艦であった【漣】が沈没、【曙】はその生存者の救助にあたりました。

昭和19年/1944年8月20日時点での兵装状況
主 砲50口径12.7cm連装砲 2基4門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 3基9門
爆 雷九四式爆雷投射機 1基
機 銃25mm三連装機銃 4基12挺
25mm連装機銃 1基2挺
25mm単装機銃 8基8挺
13mm連装機銃 2基4挺
13mm単装機銃 6基6挺
電 探22号水上電探 1基
13号対空電探 1基

昭和19年/1944年10月、【曙】は久々に実戦投入されます。
その戦いは「レイテ沖海戦」でした。
志摩艦隊に所属した【曙】【潮】とともにこの地獄の戦場へと向かうのですが、【曙】は前日の「スリガオ海峡海戦」に突撃し、そして崩壊した西村艦隊の一員だった【最上】の護衛に回ることになりました。
【最上】は大破し、航行も辛うじて可能な状態、その護衛についた【曙】でしたが、【最上】の命運はすでに尽きていました。
翌日、米艦載機の空襲によって【最上】は再び炎上。
ズタボロになり、曳航も断念された【最上】の乗員を救助した【曙】は断腸の思いで【最上】を雷撃処分しました。

やがて【曙】にも最期の時が近づいてきます。
10月31日の「オルモック輸送作戦」は、【輸送船 能登丸】こそ撃沈されますが輸送任務そのものはほぼ成功します。
しかし輸送任務を終えた直後の11月5日、マニラを空襲する米艦載機の姿が上空にはありました。
【那智】を守ろうとした【曙】でしたが、自身は直撃弾2発を受けて大破、航行不能に陥ってしまいます。
そして【那智】は船体が3つに割れるほどの集中攻撃を受け、撃沈してしまいました。

【曙】【潮】に曳航され、燃え盛る炎は必死の鎮火作業でなんとか消し止められます。
そして港に戻った【曙】は、ひとまず沈没を防ぐために擱座させられます。

しかし13日には再び空襲を受け、【曙】は至近弾10発以上の被害を受けて再び炎上します。
さらに隣で艦首切断の状態で係留されていた【秋霜】からも火の手が上がり、そしてその炎は【秋霜】の重油に引火して大爆発を起こしました。
やがて弾薬庫にも引火、何度も爆発する【秋霜】の炎に巻き込まれた【曙】もともに爆発しはじめました。
丸こげになった【曙】は半ば転覆した状態で破壊され、その生涯を閉じました。

戦後、【曙】は浮揚解体されています。