初風【陽炎型駆逐艦 七番艦】

広告
広告

起工日昭和12年/1937年12月3日
進水日昭和14年/1939年1月24日
竣工日昭和15年/1940年2月15日
退役日
(沈没)
昭和18年/1943年11月2日
ブーゲンビル島沖海戦
建 造川崎造船所
基準排水量2,033t
垂線間長111.00m
全 幅10.80m
最大速度35.0ノット
航続距離18ノット:5,000海里
馬 力52,000馬力
主 砲50口径12.7cm連装砲 3基6門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 2基8門
次発装填装置
機 銃25mm連装機銃 2基4挺
缶・主機ロ号艦本式缶 3基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



翻弄された海戦で、壮絶な最期を遂げた初風

【初風】は竣工時には【黒潮・雪風】と3隻で第一六駆逐隊を編成し、第二水雷戦隊に所属していました。
【初風】太平洋戦争前の最後の観艦式となる「紀元二千六百年特別観艦式」に参加する栄誉を手にしています。
この時の第一六駆逐隊司令艦が【初風】でした。
【黒潮】はやがて第一五駆逐隊へ転籍しましたが、代わりに【時津風・天津風】が編入。
この4隻で太平洋戦争に挑むことになります。

太平洋戦争開戦時は、【初風・天津風】は第ニ小隊として第四航空戦隊【龍驤】のダバオ空襲の支援に回っていました。
第一小隊と合流した第一六駆逐隊は、その後「レガスビー攻略作戦」を筆頭に、「ダバオ攻略作戦・ケンダリー攻略作戦、クーパン攻略作戦、スラバヤ沖海戦」と立て続けに任務を遂行していきます。

夏になってもその勢いは衰えず、6月の「ミッドウェー海戦」から8月の「ガダルカナル島の戦い」、その中の「第二次ソロモン海戦、南太平洋海戦」にも参加し、休む暇もない日々が続きました。
一方で鼠輸送にも駆り出された【初風】は、ドラム缶を大量に積み込んだ上に小発動挺2隻を曳航するという姿もしていました。
しかし昭和18年/1943年1月、輸送中に【初風】はじめ8隻の駆逐艦は米軍の魚雷艇に襲われます。
【時津風・荒潮】とともに交戦していた【初風】でしたが、魚雷艇から放たれた魚雷が左舷艦橋付近に直撃。
通信装置と操舵装置が故障して大破した【初風】は、【嵐・江風・時津風】に護衛されながら何とか離脱します。

7月まで呉で修理を行っていた【初風】でしたが、その修理中の3月に【時津風】「ビスマルク海海戦」で沈没。
第一六駆逐隊は3隻となってしまいます。

8月にはトラック島に向かい、そこでは再び輸送任務、護衛任務に就くことがメインになります。
11月には「ろ号作戦」にも参加しています。
その直後、【初風】「ブーゲンビル島沖海戦」に参加することになりました。

ブーゲンビル島上陸を中止した日本でしたが、米軍がこの行動を察知し、攻撃を仕掛けてきます。
11月2日、【時雨】が米艦隊を発見して海戦が勃発。
米艦隊の猛攻の中、回避行動をとっていた【初風】でしたが、その中で【妙高】と衝突してしまいます。
その被害はとてつもなく、艦首を切断してしまうほどのものでした。
他にも【五月雨】【白露】が衝突、さらに【川内】が沈没。
一方の米艦隊はほとんど日本側の攻撃を受けず、この海戦は完敗に終わります。

航行不能になった【初風】はそのまま集中砲火を浴びてしまい、【川内】とともに沈没。
久しぶりの海戦でしたが、そこで【初風】が活躍することはできませんでした。