水無月【睦月型駆逐艦 六番艦】

広告
広告

起工日大正14年/1925年3月24日
進水日大正15年/1926年5月25日
竣工日昭和2年/1927年3月22日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年6月6日
ダバオ南東
建 造浦賀船渠
基準排水量1,315t
垂線間長97.54m
全 幅9.16m
最大速度37.25ノット
馬 力38,500馬力
主 砲45口径12cm単装砲 4基4門
魚 雷61cm三連装魚雷発射管 2基6門
機 銃7.7mm単装機銃 2基2挺
缶・主機ロ号艦本式缶 4基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



船団護衛・輸送任務を多く受け持った水無月

出典:『極秘 日本海軍艦艇図面全集』

【水無月】は竣工当初は「第二十八号駆逐艦」と呼ばれ、昭和3年/1928年に【水無月】と改称されます。
昭和9年/1934年9月、ともに演習を行っていた【皐月】の魚雷が誤って【水無月】のスクリューに直撃し損傷します。
続く10月には【夕風】と衝突事故も発生するなど、災難続きの秋となってしまいました。
幸いどちらも大事にはならず、修理の末復帰を果たしています。

昭和11年/1936年の「支那事変(日中戦争)」では【文月、皐月、長月】とともに第二二駆逐隊を編成し、【加賀】とともに第二航空戦隊として中国沿岸部にて活躍。
来る太平洋戦争でも第二二駆逐隊【水無月、文月、皐月、長月】の編成で継続され、第五水雷戦隊の一員となります。
序盤は「フィリピンの戦い、ジャワ島攻略戦、バタビア沖海戦、クリスマス島攻略作戦」などに参加しました。
優勢だった頃なので、上陸作戦支援や輸送任務などに積極的に参加。
「クリスマス島攻略作戦」の際には【米サーゴ級潜水艦 シーウルフ】の雷撃によって大破した、四水戦旗艦の【那珂】【長月】とともに護衛して、【名取】へ引き継いでいます。

昭和17年/1942年後半にはソロモン海域において大規模な海戦が多数勃発していますが、【水無月】はこれには参加せず、クーパンやジャカルタ、パラオなど各地の船団護衛に黙々と従事。
輸送に苦労した日本がドラム缶輸送という苦肉の策を打ち出していた激戦区とは違い、特設巡洋艦や水雷艇などとともに輸送船を守るという、あるべき姿とも言える輸送を着実にこなしていました。

昭和18年/1943年2月には、活躍の地はラバウル・ソロモン海域へと移動。
「ガダルカナル島撤退作戦(ケ号作戦)」が実施されている危険な海域にいよいよ【水無月】も飛び込むことになります。
しかし3月、【水無月】は輸送任務中に座礁してしまい、なんとか【文月】の曳航によって離礁、事なきを得ています。
ところがその【文月】が4月に空襲を受けて戦線離脱、さらには5月にショートランド泊地からの輸送任務中に【長月、皐月】が相次いで座礁してしまいます。
【長月】【水無月】が救い出し、【皐月】もなんとか離礁(自力か他艦の協力かは現時点では不明です)しましたが、【皐月】は修理が必要なため一時ラバウルまで引き返すことになりました。
このため、第二十二駆逐隊は一時的に【水無月、長月】の2隻だけとなってしまいます。

しかしその【長月】も7月6日の「クラ湾夜戦」中の輸送の際に再び座礁。
今度はどうやっても救い出すことができず、泣く泣く【長月】は放棄が決定。
睦月型では【菊月】に次いで2隻目の座礁による船体放棄でした。

休む間もなく輸送は続けられ、7月12日には「コロンバンガラ島沖海戦」が勃発。
【神通】率いる二水戦が苛烈に闘っている裏側で、【水無月】は復帰した【皐月】【夕凪・松風】とともに輸送任務を完遂。
喪失は【神通】1隻のみで輸送も達成することができた戦いではありましたが、「クラ湾夜戦」の第三水雷戦隊旗艦【新月】の喪失に続く二水戦旗艦の沈没。
更には両司令部とも全滅という大きな代償を負ってしまった日本は、二水戦の残存部隊と四水戦の残存部隊をくっつけて新生第二水雷戦隊を編成するしかありませんでした。

7月の激動はまだ終わりません。
17日にはショートランド泊地が空襲を受け、【皐月、水無月】は損傷、【水無月】に燃料補給をしていた【初雪】がこの空襲で沈没してしまいました。
2日後の19日にも輸送中に夜間空襲にあい再び損傷、応急処置を受けた後、【水無月】【皐月】とともに呉に戻って本格的な修理を受けることになりました。
また同時に、対空兵装強化も施されています。

9月中旬から【水無月】はラバウル方面に復帰し、再び輸送の日々が始まりました。
幾多の空襲を逃れ、座礁した味方を救い出し、【水無月】自身も空襲によって小破するものの、激動の昭和18年/1943年をなんとか生き延びます。
しかしこの期間はあちこちで駆逐艦の沈没や被害が相次ぎ、ラバウル空襲なども含め、南方海域での安全性はもう残されていないも同然でした。

昭和19年/1944年には内南洋方面、そしてパラオ方面へと向かいますが、日本はラバウルから撤退した先であるトラック島も2月に大空襲にあい、この空襲では【文月】が沈没してしまいます。
2隻だけとなった第二二駆逐隊には、5月に【夕凪】が加わって3隻編成となりましたが、3隻での活動の記録はほとんど残されていません。
それは、【水無月】の命運がもう残り僅かだったからです。

5月4日に【水無月】は「第三五〇三船団」を護衛して横須賀からサイパンへ向かいますが、この航路には潜水艦がうようよ潜んでいました。
当然【水無月】も指を咥えて見ていたわけではなく、【水雷艇 鴻】とともに度重なる爆雷の投下、入念な哨戒を続けていましたが、サイパン到着後に今度はパラオへ向かう輸送船4隻が潜水艦の餌食となってしまいます。
まず16日に2隻が襲撃を受けて沈没、一度サイパンへ逃げ帰りますが、敵機動部隊が迫ってきているという報を受けて輸送船と【水無月】ら護衛艦は26日は再び出港。
しかしまたも潜水艦に察知され、この2隻も同じように海中に引きずり込まれていきました。

そして6月、次の獲物は【水無月】でした。
ダバオで【若月】とともに【給油艦 興川丸】を護衛中、【水無月】は潜水艦がいることを察知します。
浮上している潜水艦を発見した【水無月】は直ちにこれを排除しに向かいましたが、この潜水艦こそ日本にとって悪魔とも言える【米ガトー級潜水艦 ハーダー】
数多の日本駆逐艦を葬った存在です。
【ハーダー】の報告によるとかなりの至近距離で【水無月】は雷撃を受けたようで、【水無月】はたった5分ほどで沈没してしまいます。
意外にも、「睦月型」で潜水艦によって撃沈させらたのはこの【水無月】だけです。