玉波【夕雲型駆逐艦 九番艦】

広告
広告

起工日昭和17年/1942年3月16日
進水日昭和17年/1942年12月26日
竣工日昭和18年/1943年4月30日
退役日
(沈没)
昭和19年/1944年7月7日
マニラ湾西
建 造藤永田造船所
基準排水量2,077t
垂線間長111.00m
全 幅10.80m
最大速度35.0ノット
航続距離18ノット:5,000海里
馬 力52,000馬力
主 砲50口径12.7cm連装砲 3基6門
魚 雷61cm四連装魚雷発射管 2基8門
次発装填装置
機 銃25mm連装機銃 2基4挺
缶・主機ロ号艦本式缶 3基
艦本式ギアードタービン 2基2軸

広告



護衛が代表的任務となった主力駆逐艦 玉波

【玉波】は竣工後に訓練部隊である第十一水雷戦隊に所属。
6月に横須賀へ向かうと、遠州灘で潜水艦の魚雷を受けて擱座した【特設水上機母艦 相良丸】の救援に【若月】とともにあたります。
これが【玉波】の初任務でした。

7月1日に【玉波】は第二水雷戦隊に配属され、【冲鷹、水上機母艦 日進】を護衛しながらトラック島まで進出。
以後、3ヶ月ほどはほとんどを護衛任務や輸送任務で過ごすこととなります。

10月には第三二駆逐隊に編入されますが、任務は変わらず護衛であり、その後も年内は「ラバウル空襲」に巻き込まれた以外(【玉波】は無傷)は大きな出来事がありませんでした。
【最上】を護衛して呉へ戻ると、【玉波】も修理に入り、日本で年越しを迎えます。

昭和19年/1944年1月、【玉波】【高雄・千代田・瑞鳳】を護衛しながらトラックへ戻ります。
しかし2月に「クェゼリン島の戦い」で日本軍が玉砕、南方海域の大きな拠点であったトラックすらも敵の手中に落ちるのは時間の問題となり、日本はトラック島からの撤退を決断。
【武蔵】を護衛しながら艦隊は日本へと戻ることになりました。
【玉波】は横須賀へ戻らずに呉へ向かい、そこで機銃とレーダーを増設されています。

5月、訓練を経て【玉波】【武蔵】らとともにタウイタウイへ向けて出発。
【玉波】はここでも再び護衛任務を主とした活動を続けました。

7月、【玉波】は航行中に【米ガトー級潜水艦 ミンゴ】の存在を探知。
【ミンゴ】【玉波】の存在に気づき、ここで2隻の戦いが勃発します。
【玉波】【ミンゴ】の捜索を続け、爆雷を12発投下しますが、【ミンゴ】は潜行してこの攻撃を回避。
しかし【ミンゴ】の艦尾から発射された魚雷もまた、【玉波】に当たることはありませんでした。

1時間ほど互いの隙を伺う緊迫した時間が続き、そして動いたのは【ミンゴ】でした。
4発魚雷はうち3発が【玉波】に命中し、【玉波】は敗北します。
艦首から沈没していった【玉波】は、後に【藤波】が救援に向かうものの、ついにその手がかりを見つけることができませんでした。